CONTENTS

印刷に掛かる費用

同人誌を作成する際に気になるのが、印刷に掛かる費用です。印刷する枚数により価格は変動するので、印刷する枚数を明確にして費用を計算しましょう。一般的に100部14,000円程度〜18,000円程度で印刷が出来ます。。

 Read More

みんなで楽しむ

モンハンのプレイヤーは数多くいます。一人でも楽しめるゲームとなっていますが、オンライン上で複数の人と楽しむことも可能です。力を合わせてメゼポルタ攻略を行なうことも出来ます。

 Read More

注目されている雑誌

世界的に見ても珍しい同人誌文化

日本には漫画を描きたい人達の創造性を羽ばたかせてくれる豊かな同人誌文化が存在しています。同人誌と言えば、個人で発刊する雑誌ですが、日本国内には好きな漫画作品の二次創作同人誌を制作する文化が存在しています。 そうした雑誌は専門のマーケットを通じて幅広い読者に販売され、元となる作品のファンだけでなく、同人作家のファンも生み出していくのです。 自分自身で同人誌を発刊する場合、まずは作品を制作してから印刷所に持って行くようにしましょう。印刷所では、お客様の要望に応じて理想とする雑誌を作り上げてくれます。 こうした日本の同人文化は海外で暮らす漫画ファンに大変羨まれています。海外では、法律や習慣上の問題で同人誌を刊行できない国が多いのです。 今後は日本にやって来て同人誌を発刊する海外の漫画ファンが増えるでしょう。

二次創作のルールを守る

個人的に制作した二次創作漫画作品を印刷して雑誌にする場合、守らなければいけないルールが存在しています。 日本の同人誌文化は、それを黙認してくれる著者達の善意によって成り立っています。同人誌を制作する場合、できるだけ著者の権利を侵さない作品を描く事が大切です。 具体的には、既存作品の物語や絵を丸ごとトレースした二次創作品は「同人誌」とは認められません。場合によっては法的に訴えられる事もありますので、気を付けるようにしましょう。 同人誌は「二次創作」であっても、創造性が求められる世界です。既存の作品を元にして、自分らしい作品を作るからこそ、そうした作品を印刷して多くの人達に読んでもらう価値が生まれるのです。

おすすめ記事

ドラゴンボールのゲーム

ドッカンバトルはドラゴンボールのキャラクターが登場するゲームです。ドラゴンボールのファンであれば、ドッカンバトルをダウンロードして楽しみましょう。もちろん、ドラゴンボールファンじゃなくても十分に楽しめます。

 Read More

高品質のゲーム

ミリオンアーサーは、技術のある制作スタッフが力を入れて作成しているゲームです。それ故、このゲームのファンは数多くいます。また、登場キャラクターの声は有名声優が吹き替えしていることで注目されています。

 Read More

人気のゲーム

とうらぶは、無料で楽しめるゲームです。大人気のゲームなので、登録は早めにしておくと良いでしょう。登場キャラクターも魅力的で、ストーリー性も高いゲームです。操作内容も難しくない為、気軽に楽しめます。

 Read More